これだけは知っておきたい神社のこと・神社の情報・検索サイト 神社.com


2019.02
おやひこさんの名物はコレ!
彌彦神社と濃い口醤油おでん

広い境内でパワーを充電


日本一神社の多い都道府県をご存じですか?
答えは4700社あまりの神社がある新潟県。そのなかでも越後国一宮であり、県内屈指のパワースポットともいわれているのが彌彦神社(いやひこじんじゃ)です。
社伝による創建はなんと2400年以上前。万葉集に唄われ、源頼朝や上杉家から神領の寄進を受け、身分を問わず広く崇敬を集めてきました。
由緒ある神社らしく、深い森に守られた境内はおよそ4万坪。掃き清められた参道は、すがすがしくピリリと引き締まるような空気が流れていてパワースポットといわれるのも納得です。夫婦の御祭神により縁結びの神社としても知られているので、良縁祈願に訪れるのもおすすめです。


鳥居前の社標には「越後国一宮」「明神大社」の文字が。

半世紀前から愛される
こんにゃくおでん


彌彦神社の参道ではわっぱ飯やカレー豆などさまざまな参道グルメが売り出されていますが、なかでも不思議なのがおでん。なぜかさまざまな店の軒先でおでんが醤油の香ばしい湯気を立てています。なぜ彌彦神社でおでんなのか、神社のすぐ前で店を構える西澤商店さんにお話をうかがってみました。
「弥彦にはとろこてんなどを作る食品メーカーがあるのですが、先代の社長からこんにゃくを作るのでおでんを弥彦の名物にしようと声が掛かったのです。50年ほど前のことでしょうか。当時の参道の土産店などが賛同して、軒先におでんが並ぶようになりました」と教えていただきました。
時を経て見事に参道名物となったおでんのこんにゃくは、ツルツルとした食感で喉ごしがよいのが特徴。西澤商店では、濃い口醤油でじっくり煮て味を染みこませています。具は、こんにゃく以外にも卵など全5種類。どれも100円で提供しています。「味噌味のこんにゃくもありますが、やはり人気は醤油味。地元の人にも人気です」とも教えていただきました。気軽にいただけて体もポカポカ暖まるおでんを、ぜひお試しください。


具のなかまで濃い口醤油しっかり染みています!左はこんにゃく単品100円、右は5種入りのおでん盛り合わせ500円。

西澤商店
電話:0256-94-2510
営業時間:9:00〜18:00(冬季は〜17:00)
定休日:不定休
住所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2914